INTERVIEW

様々な職種で活躍する
先輩社員たちの生の声を伝えます

ゼウス・エンタープライズでは、個性豊かな社員たちが様々なフィールドで活躍しています。
現在の仕事内容、直面した壁、それを乗り越え抱いている今後の夢などについて語ってもらいました。
入社を決めた理由や、皆さんへのメッセージも紹介していますので、就職活動の参考になれば幸いです。

INTERVIEW 1

interview_ph1_1

営業部 SES営業課

海野拓也

2018年 入社

人材派遣だけでなく
請負事業の営業も
チャレンジしたい

この会社に決めた理由

IT分野に興味があり、技術職か営業職どちらを志望するか悩んでいた際、ゼウス・エンタープライズではそれぞれの部門の役職者へヒヤリングする機会を設けてくれました。入社後のキャリアステップなど不明な点が解消されて、迷うことなく営業職を選択することに。所属関係なく社員が親身になってフォローする社風にも惹かれました。

現在の仕事内容について

新規営業先の開拓をしていて、今年から横浜エリアを任せてもらっています。営業の第一歩でもあるテレアポイントから始まり、サービスの案内や提案、契約後のアフターフォローまでを担当しています。常にチャレンジし続けられる環境ですし、結果がついてきたときはとてもやりがいを感じますね。まずは新規の顧客を拡大することが、私を含めたチーム全体の課題です。

interview_ph1_2

失敗エピソードから学んだことは?

営業職として始動してから間もなく直面した最大の壁は、やはり、電話をかけてもかけてもアポイントが取れないことでした。そういったときも営業メンバーのフォローが手厚く、とても助けられました。また、新規の契約を獲得するだけに終わらず、違う案件に広げられたり、2人目、3人目と技術者を派遣できたりするのは、人と人の関係を構築して工夫し続けることが大切だと学びました。

今後チャレンジしたいことは何ですか?

顧客の拡大に挑戦をし続けることです。まずは関東エリア、さらに全国と着実にステップを踏んで、夢は大きく海外進出を見据えていきたいです。また、いままでは人材サービスにおいての営業でしたが、これからはゼウス・エンタープライズの看板となる商材を手掛けていくのが楽しみです。そのためには、学ばなければならないことがたくさんありますが、新しい経験ができるチャレンジですね。

学生の皆さんへメッセージ

ゼウス・エンタープライズは縦にも横にも垣根を越えて、社員間のつながりが強いと思います。困ったときや悩んだとき、上司や先輩、同期がフォローアップしてくれます。若いメンバーが多いので活気があり、風通しがいい環境です。就職活動のときに感じた人の魅力は、入社してからも印象が変わっていません。就職活動中は困難なこともあるかもしれませんが、笑顔と元気で乗り越えてください。

INTERVIEW 2

interview_ph2_1

ITソリューション部1部2課

西山優衣

2020年 入社

人の役に立ちたい
その希望を叶えるために
常に学ぶ姿勢を心掛けています

この会社に決めた理由

私が第一に志していたのは「人の役に立つ」仕事をすることです。そのためヘルプデスクを志望しており、それが叶う職場環境であったのがゼウス・エンタープライズでした。また、就職活動を通して接した社員が皆優しく話しやすくて、社内の雰囲気が良さそうと感じたところも魅力です。さらに、福利厚生がとても充実していて、仕事がしやすい環境が整っている点も決め手になりました。

現在の仕事内容について

ヘルプデスクを志望していたものの、新型コロナウイルスの影響で半年ほど待機することになり、その期間はゼウス・エンタープライズで運営しているプログラミング教室のテキスト作成をしていました。その後、請負で1カ月ほどPCのキッキング作業をさせていただくことができ、次に出向先でリナックスを使ったディレクトリやファイルのチェック、サーバー構築に携わる機会を得ました。

失敗エピソードから学んだことは?

出向先でサーバー構築に携わっていたときの打ち合わせで、サーバー関連の専門用語が頻出して、肝心の要件が頭に入ってこなかったことがありました。その経験から、どんな打ち合わせかわかった時点で、事前に準備して学習しておくことが大事だと身に染みて知りました。出向先で得た知識や経験を次の仕事で活かせたときは、自分自身の成長を感じることができて最高の喜びです。

interview_ph2_2

今後チャレンジしたいことは何ですか?

まだまだ駆け出しで無知な部分が多いですが、以前の出向先ではサーバー構築を導入までしか経験できなかったので、次の現場では一から構築をしてみたいと思っています。出向先によって仕事内容が変わり、求められるスキルも異なるので、常に学ぶ姿勢でいることを大切にしたいです。自分の技術を磨き、あらゆる局面に順応できるようにして、「人の役に立つ」という志を全うしたいです。

学生の皆さんへメッセージ

就職活動においては、思うような結果が得られずに精神的に辛い時期があるかもしれません。でも、皆さんの良さを見出してくれる企業は必ずあります。内定が出なかったことがあっても、「私を採用しないなんてかわいそうだな」くらいにポジティブに考えて頭を切り替えてもいいと思います。そのような心意気で、就職活動に臨めばきっと実力も発揮できるはず。頑張ってください!

INTERVIEW 3

interview_ph3_1

開発部 システム開発課
リーダー

繁元聖也

2015年 入社

実力と希望を示せば
チャンスが与えられる
環境があります

interview_ph1_2

この会社に決めた理由

学生時代は英語の勉強に力を入れていたため、英語スキルが活かせる職場を探していました。またプログラミングも独学で学んでいたので、英語とITを掛け合わせたら面白いのではないのではないかと思っていたところ、ゼウス・エンタープライズでは、他社ではあまり見ないITと英語スキルを融合させた職種「バイリンガルコーディネーター」を募集していて、縁あって入社することになりました。

現在の仕事内容について

今は開発部で労務管理と人事評価のサービス「Self Report」の開発と技術者のためのSNS「Fire Sider」の開発に携わっています。フロントエンド・バックエンドを問わず、設計から実装、テスト、はてはチームビルディングまで一気通貫して主導できる立場で働いています。良い設計ができたときと良いコードが書けたとき、そしてバグを手早く特定して最小限の変更で対処できたときにやりがいを感じます。

失敗エピソードから学んだことは?

新規サービスを社内で開発する際に、研修を終えたばかりの新卒4名が業務に就くことになり、教育・開発体制の構築・新規サービスの開発作業を同時にこなさなくてはならなかったのが最大の壁だったと思います。1年ほど経って、プログラミングも未経験だったチームメンバーが自発的に協力しながら開発できるようになっているのを見たときは素直に最高だなと感じました。

今後チャレンジしたいことは何ですか?

自分が手掛けたサービスを世に送り出し、それを運営して人気あるものに育てていくのはエンジニアとしての夢ですね。現にそうした機会を掴み取れる環境がゼウス・エンタープライズにはあると思います。今、新規開発中のサービスをユーザーから価値あると認めてもらえるように高めていくこと、そのためにあらゆる手段を講じていける機会があることに心からワクワクしています。

学生の皆さんへメッセージ

ゼウス・エンタープライズは、希望と実力を示せば、若いからといって無条件にはね除けるようなこと決してなく、きちんとチャンスを与えてくれます。社内で新規事業の公募が随時行われているのですが、企画案を練ってプレゼンしたところ採用となり、現在はその開発リーダーとして仕事をしています。意欲ある人間を活躍させようとしてくれる会社であることは間違いありません!

INTERVIEW 4

interview_ph4_1

経理財務部
取締役 経理財務部長
最高財務責任者

鈴木絵莉

2014年 入社

IPO準備に携わる
得難い業務で
知識を深める毎日です

この会社に決めた理由

もともと簿記が好きだったこと、ITはこれからも発展していく分野であることから、経理を募集していたゼウス・エンタープライズに応募しました。社内イベントが多く、その写真から伝わるとても楽しそうな雰囲気に魅力を感じ、入社を決めました。入社してからの印象は「社長との距離が近い会社」という印象です。何かあるとすぐに社長に相談、報告ができる環境なので、安心して働くことができます。

現在の仕事内容について

財務諸表の作成、資金調達、予算管理といった経理、財務全般が業務内容です。また、IPOに向けての準備も行っています。経理財務部が一番対応する項目があるので大変ですが、上場のアドバイザーなどと打ち合わせをしながら進める作業は、新たな知識も増えてやりがいを感じています。IPO準備に携わるというのは滅多にない機会ですので、他では得難い経験だと思っています。

失敗エピソードから学んだことは?

仕事で最も困難だった局面は、初めての決算でしょうか。入社時には前任者がいなかったので、社長と税理士さんに教えてもらいながら仕訳を入力していました。学生時代の勉強と実務の違いや、自分の知識不足もあり、いま思い返すだけでも大変でした。ただ周囲のサポートもあったので不安はなかったです。喜びを感じる最高の瞬間は、やっぱり決算書が完成した時です。毎年、達成感があります。

interview_ph2_2

今後チャレンジしたいことは何ですか?

IPO準備では、いままでになかった知識が求められるので、日々勉強です。大変ではありますが、新しいことを学べるのは楽しくもありますね。公認会計士さんや税理士さんなどとのミーティングを重ねることで、自然と知見が深まっていることを実感しています。このような機会に恵まれているのですから、得た知識や経験を活かせるように会計や税務に関わる上位の資格取得を目指したいです。

学生の皆さんへメッセージ

新卒のうちからいろいろと経験できる会社を選んでみてください。始めのうちは大変ですが、経験を積んだ人は成長も早いと思います。ゼウス・エンタープライズでは若い世代がとても多いので、活躍できる場があります。また、社長との距離が近く、普段から考えていることを話してくれます。トップとそのような接点が持てる環境は貴重ですし、他の会社ではあまりないかもしれません。

INTERVIEW 5

interview_ph3_1

ITソリューション4部1課

林健人

2014年 入社

手厚い技術研修で
自信を持って
出向に臨めました

この会社に決めた理由

大学では情報系の学科に所属していたため、IT関連の仕事に就きたいと思っていました。特にサーバーやネットワークに関わるインフラ系を志望していて、その分野をゼウス・エンタープライズが専門としている点が入社を決めた最大の理由です。また、大学で学んだある程度の知識があっても仕事としてITに携わるのは初めてですから、入社後の技術研修が手厚いことも魅力の一つでした。

現在の仕事内容について

2~3カ月の研修を受けて資格を取得した上で、2件の出向を経て、現在の現場は6年目になります。これほど長中期的に携わるのはゼウス・エンタープライズでは例外的かもしれません。主な業務は、ネットワークを中心にした設計、構築です。顧客の要望を汲み取り、どのように設計して構成に落とし込むかを考え、導入を目指しています。導入後、想定通りの動作をしたときにやりがいを感じます。

interview_ph1_2

失敗エピソードから学んだことは?

担当した案件で、設計のシミュレーション不足などで想定していた動作にならなかったことがありました。周囲のサポートを得ながら、最終的に導入まで達成できたときは、やり遂げた満足感を味わうとともに、助け合うことの大切さを学びました。また、お客様から掘り下げた質問をされたときにうまく回答できず、自分の実力不足を痛感したことでスキルアップを目指すきっかけになったシーンもあります。

今後チャレンジしたいことは何ですか?

ネットワークとセキュリティは切り離せない関係にありますから、セキュリティ製品についての知識をもっと身につけていかなければならないと考えています。また、クラウドサービスを扱う顧客が増えてきているので、この方面についても学ぶことがまだまだあります。自分自身の視野を広げ、対応できる範囲を拡大していくのが当面の目標です。

学生の皆さんへメッセージ

志望する企業や業種について、納得がいくまでとことん調べたり、質問したりすることが大切ではないでしょうか。どこか腑に落ちない点があるまま就職活動を進めてしまうと、本来のパフォーマンスが発揮できず、もったいないと思います。これは自分自身を振り返ってみての反省点でもありますね。実力を最大限に引き出すために、積極的にリサーチして万全を期して臨んでほしいと思います。

INTERVIEW 6

interview_ph4_1

開発部

瀬野健也

2020年 入社

温かい社員と和気藹々とした
社風も魅力です

この会社に決めた理由

大学では言語を専攻していて、ITについて専門的に学んでいなかったのですがプログラマー志望でした。未経験からプログラマーになるためには、研修制度の充実している会社を選ぶというのが前提条件。その中でも雰囲気の良さや福利厚生の充実など、様々な要素を総合的に判断してゼウス・エンタープライズに入社を決めました。実際に、社全体のイベントが多く、社員の仲の良さは印象通りでした。

現在の仕事内容について

「Self Report」という人事管理・査定ソフトウェアの開発に携わっています。入社2年目ながら、特定の工程に従事するわけではなく、初期の設計からテストまで製作全体に関わることができたため、製品に対する思い入れは非常に強く、やりがいがあります。もちろん、幅広い知識とスキルセットを要求されているわけですが、そのような機会が得られたこと自体、恵まれていると思います。

失敗エピソードから学んだことは?

「Self Report」開発に従事していると、技術面での壁にぶつかることは珍しくありません。特に、品質とスピードの両立を図らなければいけないところは、とても難しく感じています。いかに効率的に開発を進めるかを考えながら、ああでもないこうでもないと試行錯誤を重ねて、見積もっていた時間よりも実際の工数が少なく済んだときは、自分自身の成長を感じる瞬間でもあります。

interview_ph2_2

今後チャレンジしたいことは何ですか?

若い年代が中心となる、人数が少ないチームに所属しているため、一人一人が全力で取り組むことが必要だと実感しています。そのため、自分自身の技術力をアップさせるのはもちろんですが、チームワークで生産力を最大化できるようなノウハウや、スキルセットを身につけていくことが目標です。ゆくゆくは、チームを牽引できるようなプログラマーになりたいと思っています。

学生の皆さんへメッセージ

「この人たちと働きたい」と思える会社が一番だと思います。私自身、就職活動で人と触れ合っていてもどこか機械的に感じてしまっていたところ、ゼウス・エンタープライズで出会った社員は皆が温かく魅力的に感じました。就職活動をしていると忘れがちになるかもしれませんが、会社で働いている人たちも結局は人間。人との関わりに目を向けてみてください。人間同士、お互いに頑張りましょう!

CONTACT

採用に関するお問合せ(フリーダイヤル)

0120-071-900

その他のお問合せ

03-6263-9358

メールフォームでのお問合せ

フォームはこちら