先輩社員の声(H.Tさん)
Interview

「当たり前」をしっかりと守っている会社であると感じた

リナックス・ネットワーク

H.Tさん

出身校   東京工科大学 メディア学部 メディア学科 卒業

入社    2011年入社

業務内容  バックアップ用ソフトの障害サポート業務

現在の仕事内容

バックアップ用ソフトの障害サポート業務に従事しております。
主にお客様の環境にて発生した障害やエラー等に関するお問い合わせに対して、ログの解析やテスト環境での検証を行い、原因の調査および対処方法の案内をしております。お問い合わせよってはソフトウェアの致命的な問題や重大な障害が発生しているケースもあり、製品メーカーに確認/相談を行いながら、お客様への回答を行う場合もあります。障害サポートの仕事は単純に回答を出すだけはなく、常にお客さまの業務を考慮し、適切かつ迅速に回答を出すことを心掛けねばなりません。また案内する内容を誤れば、クレームやインシデントにつながる場合もあり、緊張感を持って業務に当たらなければいけないというプレッシャーもあります。そのため、この仕事では常に「スピード」と「正確さ」が求められ、適切な対応を行えるようになるためには、多くの経験と幅広い知識が必要となります。
障害サポートの業務は、決して簡単な内容の仕事ではありませんが、その分、障害を復旧できた時の達成感は大きく、やりがいのある仕事だと感じており、学ぶべき多くの経験やスキルを得られる仕事だと考えております。

この会社に決めた理由

私が株式会社ゼウスエンタープライズへの入社を決めた一番の理由は、会社のHPの内容や採用担当者との面談を行っていく中で、社員一人一人を大切にし、健全な経営を目指した企業であると感じたからです。
ゼウスエンタープライズでは、入社後、1~2ヶ月のIT研修を受講し、ITに関する基本的なスキルの習得をしてから現場へ配属される体制が整えられているため、何もわからないまま出向させられるということはなく、安心して現場へ出る事が出来ました。また、内定時にはきちんと給与に関する説明もあり、金銭的な部分についても十分に考慮してもらえる会社であると感じました。「健全な経営を目指す」ということは、企業を運営する上でとても当たり前のことではありますが、現代社会ではこの「当たり前」を守れる会社は希少なものになっていると感じており、そうした意味でゼウスエンタープライズは、この「当たり前」をしっかりと守っている会社であると感じております。

失敗エピソードから学んだことは?

サポートデスクの業務に携わっていく中、お客様から電話やメールで問い合わせを受けた場合に、お客様から伺う内容とお客様が求めている内容が明確に一致せず、お客様が何を望んでいるのか不明なまま対応に入ってしまったケースが何度かありました。こうしたケースでは、当然自分自身も何を調査すべきか明確になっていないため、検証や調査に必要以上に時間がかかり、結果として多くのタイムロスが発生し、効率的に業務が行えなくなってしまいます。
サポートデスクの業務に限定した内容ではありませんが、サービスの提供には相手(ユーザ)のニーズを明確かつ的確にヒアリングする必要があり、効率的に業務を行う上でも、相手が何を欲し、何を望んでいるのかを考え、その場に応じたサービスを提供すべきことが大切であることを学びました。

今後チャレンジしたいことは何ですか?

今後は現在弊社にて新たに発足されたスマートフォン向けアプリケーションの開発チームにて、各種コンテンツの運営や開発に携わり、多くの人に利用してもらえるようなコンテンツの作成に関わっていきたいと考えております。
自分自身はアプリケーション開発の経験や知識に乏しく、今後、開発業務に就くにはまだまだ勉強不足ではありますが、スマートフォンは現代社会において比較的新しいメディアであり、そのコンテンツやジャンル、さらにはビジネスモデルの形についてもまだまだ発展途上の段階にある分野であると考えられますため、こうしたまだ未開拓の部分がある分野について、自身のアイデアを活かし、まったく新しい形のサービスやコンテンツを提供していきたいと考えております。

学生の皆さんへメッセージ

今の日本社会は、法的制度の問題や景気の低迷などにより、若い世代の人にとって就きたい仕事に就くことがとても難しい状況であると思います。しかし、自己研鑽を怠らず、何事にも高いモチベーションを持って取り組めば、必ず解決策は見つかり、おのずと結果もついてくるはずです。
ゼウスエンタープライズでは、成果を出すために頑張った人をしっかりと評価する査定評価制度があるので、同じ目標に向かって一緒に働いていけるメンバーと出会えることを楽しみにしています。