先輩社員の声(H.Mさん)
Interview

「輪」の中で自分という「個」を活かす努力を

リナックス・ネットワーク

H.Mさん

出身校   成城大学 文芸学部 文化史学科 卒業

入社    2008年入社

業務内容  研究所内向けの公開サーバ保守管理と運用

現在の仕事内容

大手通信研究所内向けの公開サーバの保守管理と運用、ユーザサポートの業務に携わっています。
具体的には、ファイルサーバやWEBサーバなどの動作確認やエラーログ等の解析などの監視・管理業務、バックアップシステムの構築や冗長化構成の構築、サーバへのアクセス権の付与・削除、システムの設定・操作等のマニュアルの作成、OSの最適化などの運用業務、ユーザサポートなどのサポート業務などです。
基本的には、サーバの構築を一から十まですべてを行うという業務ではありませんが、ニーズに合わせた追加システムの調査・検証、その検証を基にした報告・提案を行うという、運用効率化のための業務にも携わらせていただいています。
新システムの公開時や、旧システムの廃止(移行)時には、サポート業務がメインとなりますが、「お問い合わせ」こそが一番必要とされるもの「根」となるものと思い、運用業務の効率化と思考を並行させ、業務を行っています。

この会社に決めた理由

ゼウス・エンタープライズに決めた理由は、文系出身で、ITについては一般的に知り得る知識、技術しか持たない自分にも安心できる研修カリキュラムが魅力的だったことと、雰囲気というのでしょうか、空気感みたいなものが自分に合っていると思えたからです。
研修では、基礎の基礎から学ぶことができるということでしたが、本当にその通りでした。
まったくの初心者だった自分にも、日々成長を感じられた研修所での日々は、今でも心に残っています。
自分の場合、本当に何もない状態からのスタートだったので、最初のうちは正直、「勉強しなきゃ」という変な義務感みたいなものがありましたが、研修が進むにつれて「勉強したい」から勉強する、と自然に考え方が変化していたのは、本当に感動しました。
人も会社も正直、合う・合わないがあると思います。「なんかいいな」と思った会社は、きっと自分に合った会社だと思います。
当社に入社して、自分は自分を信じてよかったと思っています。

失敗エピソードから学んだことは?

「慣れ始めが一番危ない」、当然のことですが、これが失敗から学んだことです。
どんなことをするにしても、そうだとは思いますが、不慣れなうちは、慎重に物事に取り組むので、時間がかかることはありますが、大きな失敗を起こすことはあまり無い。ただ、そこに「慣れ」が生じてくると、スピード感はアップしますが、自分本位な考えに拠りがちになり、思わぬところに落とし穴がある、という失敗をしました。
ユーザサポート対応の際、過去に類似した問い合わせの対応を何度も行った経験があったため、今回も同じだろうと思い込んでしまい、同様の対応を行ったところ、対応自体に間違いはありませんでしたが、問い合わせの核の部分に対してアプローチが弱く、二度手間になってしまうという失敗を犯してしまいました。しかし、この経験のおかげで、どんな些細なことも、相談をしながら対応を心がけられるようになり、その結果、現場内での会話が増えるという副産物も生まれたので、失敗はしないに越したことはないとは思いますが、そこから生まれることもまた然りということを再認識しました。

今後チャレンジしたいことは何ですか?

チャレンジと言えるかどうかは、正直何とも言えませんが、日頃考えていることは、信頼される人間になっていきたいということです。
ネットワークエンジニアという職種から、最初のうちは、その道で何かのスペシャリストになりたいという考えを持っていました。もちろん今でも無いわけではないです。
ただ、これまでの経験や自分自身の特性を考えたとき、自分はスペシャリストよりも、ジェネラリストに向いているように思っています。
ならば、「特に何かに特化した能力は無いかもしれないけれど、あいつがいなければダメだ」と、誰からも思われるような、潤滑油のようなジェネラリストになれればと考えています。
そのベースになるものはコミュニケーション能力や、対人能力といった人間力だと考えているので、人間力を磨いていけるような、努力や学習には積極的にチャレンジしていきたいです。
スペシャリストを活かし、円滑な職場環境を創造できるような、黒子役的なジェネラリストになることが現時点での目標です。

学生の皆さんへメッセージ

就職活動中は、特に自分がしたいことや、なりたい自分など、「自分」について考える機会が多いと思います。
でも実際には、決めかねていてしまったり、わからないなんてことも事実だと思います。
ゼウス・エンタープライズは、色々な経験に恵まれるチャンスが多い会社です。その色々な経験から、目標とする自分を再確認し、そこに向け邁進することも可能です。あるいは、なれる自分というものを新発見し、自分の幅を広げていくことも可能です。
会社や人と合う合わないは確かにあると思いますし、人それぞれ考え方や、価値観は違うということもあると思います。それを理由に逃げ出すことは簡単ですが、そうではなく、その「輪」の中で自分という「個」を活かす努力、自分のしていることに楽しみを見いだすことのできるような人と、ゼウス・エンタープライズという「輪」の中で一緒に仕事できればと思います。
みなさん、是非一度、会社説明会にお越し下さい。