先輩社員の声(C.Aさん)
Interview

仕事も遊びも全力で楽しめる会社です

リナックス・ネットワーク

C.Aさん

出身校   学習院大学 経済学部 経営学科 卒業

入社    2011年入社

業務内容  社内ユーザのデスクトップサポート業務

現在の仕事内容

外資系金融機関にて社内ユーザのデスクトップサポートに携わっています。
主にPCの設置、周辺機器の接続からPCトラブル時のサポート、プリンタのインストール、故障時の対応、メールのセットアップ、不具合対応など多岐にわたります。また、定期的に全拠点でミーティングもおこなわれるため、電話やビデオの遠隔設定によるサポートに携わることも少なくありません。加えて特殊ソフトウェアのインストール及びアップデート時の事前調査、テスト、本番対応、そしてプロジェクトミーティングの参加とITの知識も要求される業務から庶務雑務までと、日々を通して多くの業務に関わらせていただいています。
当社の研修ではネットワークやMicrosoftOffice等を学んできましたが、知識=経験が100%活かされるということではなく、研修で知りえたことが「こういうことだった」と気付ける場面が何度もあります。
ありきたりな言葉ですが、経験を積ませていただいているというのを実感しています。

この会社に決めた理由

転職が多い業界の中で、一社に長く勤めることでスキルアップをしながら成長していきたいと思っていました。また、長期的にずっと続けていきたいと思えるような会社を探していたところゼウス・エンタープライズの求人に辿りつき、採用していただきました。
入社後は、2ヶ月の研修があり、必要とされるエンジニアを育てるプロセスが充実しているだけではなく長期的に働くことで自分自身が成長できる会社だと思いました。二次選考で研修に参加させていただきましたが、分かりやすく自分のスキルになる研修が魅力的だったのも当社への入社を決めた理由の一つです。
そして社内の雰囲気がよく、尊敬できる方がおり、若手社員が多く、私と同世代が多かったことも魅力でした。男女や経験等は関係なく社員一人ひとりの成長を大切にしている会社だと思っています。

失敗エピソードから学んだことは?

PCの起動しないユーザがいらっしゃり、私一人で対処していましたが、何とか修復させようと思い一人で時間をかけてしまいました。
ユーザは修復する見込みがあるかないかを知りたかったのですが、曖昧な回答をしてしまい、時間をかけたにも関わらず解決できないことに怒りをあらわにしてしまいました。分からないことはすぐに助言をを求め、ユーザに安心してもらうような素早い判断と説明をすることが必要だということを学びました。
私が携わっているプロジェクトは金融機関なので、少しの遅れが多額の損害を招いてしまうことがあります。ビジネスを継続するために、数分対応しても修復困難な場合は代替の端末を用意し最低限仕事ができるようにすることが大切だということを先輩社員から教えてもらったことで、仕事への意識が変わりました。

今後チャレンジしたいことは何ですか?

数百名いるユーザのサポートをしているので、ハードウェアのサポートを行うこともしばしばです。
PC本体を開け、即座にメモリを追加したり、ハードディスクの復元をする場合や、モニタドライバを追加することも行っています。パソコンの仕組みを知るには一から作るのが一番だというアドバイスをもらったので、自分でパソコンを作りハードウェアの知識を付け仕事に役立てようと思っています。
研修で学んだことでもありますが、ヘルプデスクはソフトウェアだけ、ハードウェアだけを知っているだけでは業務が成り立ちません。ITの幅広い知識を網羅することで「サポート」に従事することができる、重要な役割を果たしていることを業務をおこないながら日々勉強させていただいておりますので、何か一つに偏らない知識と経験を早い段階で身に付けていきたいと思います。

学生の皆さんへメッセージ

流れの速い業界で人の移り変わりも多いので、常に自分が何をすべきか、何を求められているかを考えて実行することが必要だと思っています。
ゼウス・エンタープライズは5年、10年先も必要とされる人財の育成を目指し、資格の取得補助や英会話レッスンを行っています。
現状に満足せず、常に努力し続ける人には当社は最適だと思います。多くの人がプロジェクト参画という形態のため、研修後は同じプロジェクトに関わるということがないのですが、社内の人たちと交流できる総会やイベントが年に数回あり、情報共有をしたり、わいわい騒いで楽しむ時間もあります。
あくまでも個人的な感想ですが、仕事も遊びも全力で楽しみたい方にはぜひ当社にお越しいただきたいです。高い目標を持った皆さんに会える日を楽しみにしています。