先輩社員の声(T.Hさん)
Interview

精神的な事ではなく しっかりとした仕組みを作り上げる

リナックス・ネットワーク

T.Hさん

出身校   中央大学 経済学部 経済学科 卒業

入社    2011年入社

業務内容  金融機関系サーバ運用監視業務

現在の仕事内容

私は現在証券取引所に使用されているサーバシステムの運用・監視業務をしております。
業務内容は各システムが正常に動作しているかを定時にチェックしたり、監視アプリケーション内でエラーが発生していないかを確認することやエラー発生時に速やかにしかるべき処理を進めていくというものです。基本的には現場にて作成されているマニュアルを参照し作業を進めていくものですが、1つの作業ミスで生じるリスクが非常に大きい為1つ1つの作業を正確・かつ迅速にとり行う必要があり、非常にプレッシャーのかかることもあると同時にやりがいのある業務だと思います。
現場では各サーバにリモートで接続した上での作業となりますが、稀に実際に機器が設置してあるデータセンターにて作業することもあります。またユーザ様の要望に応じて臨時オペレーションが発生することや、連休時に大規模なシステムのテスト作業などが加わることもあり、状況に応じた柔軟な対応が求められる事もありますが、それらにしっかり対応できた際には自分の成長や非常に大きな充実感が得られる業務でもあります。

この会社に決めた理由

前職ではコールセンターにて、とあるメーカーのテクニカルサポートのオペレータ業務に携わっており、PCにSW/HWについてある程度の知識/スキルを持っていましたが、引越しを機に転職することとなった際に、さらに自分自身を磨くため就職活動をしている中で当社の存在を知り、応募したところ、運よく採用していただきました。
数ある中で当社への入社を決めた理由としては社員に対してスキル向上はもとより社会人としての成長を促し、今後も成長し続けていく会社であると感じることが一番の理由でした。また研修所にもしっかりとした設備があり充実した研修を受けられるという安心感もありました。(実際に入社前に良い研修を受けさせていただきました)その他、月並みではありますが、充実した福利厚生やリフレッシュ休暇・会社イベントとして夏の納涼会や大新年会、誕生日会、新入社員歓迎会等、社員に対してのサポートが大変充実しているので社員想いの会社だと強く感じられた事も入社を希望するに至った大きな決め手となりました。

失敗エピソードから学んだことは?

具体的な名前は出せませんが、いくつか失敗から学んだエピソードを話します。
1つはあまり理解できていないことを理解したつもりになったために失敗をしたことです。自分では理解したつもりで大丈夫だろう・こうすればいいだろうという様に誤った判断をして業務を進めたために招いた失敗です。この経験から自分でははっきり判断できない事については事前に有識者へ確認を取る様になりました。業務をする上で1つ余分な作業が増えることにはなりますが、結果ミスをすることでより余分な作業を強いられる事になるよりは良いということになります。
もう一つは簡単な作業を何度も繰り返す中でのケアレスミスをしたために失敗をしたことです。いくら簡単な作業でも人間である以上、何度も繰り返すことでどうしてもミスはしてしまうもので、重要なのはいかにミスをしないようなシステムを作り上げるかということを学びました。あるいはミスをしてもすぐにそれに気づけるような仕組みにするというように「ミスをしないように注意する」という精神的なことではなく、しっかりとした仕組みを自分なりにでも作り上げることが重要だということです。

今後チャレンジしたいことは何ですか?

元々ITに関する深い知識やスキルが無く、この業界での経験も浅いこともあり自らの自信につなげるという目的でも幾つかの資格取得を目指しています。当然単に資格があればいいとう単純なことではありませんが、自身が学んできたことを明確な形にしたいという欲求も1つの理由となります。もう1つ、これは少し時間がかかるかもしれませんが、管理者として業務に取り組みたいという目標もあります。当然簡単なことではないですし様々な要件が求められることですが、自身でしっかりと業務に取り組むことはもちろんのこと、現場の業務を管理する立場で部署やグループの業務を管理し、より良い職場へ改善できるような人物になりたいと思っています。この事に関しては前提としてITという業界に限らず、社会人としてより成長していきたいという考えがあるからだと思います。そして自分自身がしっかり成長できれば今度は周りの人間も成長させられる事ができる力を身につけられるのが理想だと思っています。

学生の皆さんへメッセージ

学生生活を終え、社会人となるにあたり多くの方が希望や不安などの様々な感情を抱えて就職活動をしているかと思います。ありきたりの言葉かもしれませんが、近年、常に就職難といわれている中での苦労は計り知れないかもしれません。
私自身も就職難を叫ばれる状況で学生を卒業しているので、ある程度の事は理解できているつもりです。そんな皆様へ伝えたいのは、是非しっかりとした意志を持って取り組んでいただきたいと言うことです。決して”~したい、~になりたい”という希望ではなく”~をする”、”~になる”というような強い意志を持って欲しいのです。一人の成人・社会人としてこれまでに無かったような責任や要求が周囲から問われることとなると思いますが、それらに潰されず、より良い生活を送るためにも必ず何かしらに対しての強い意志が必要となってくると思うからです。
そして私も皆様に負けないよう努力し、同じプロジェクト先では無いとしても共に立派な社会人として生活できていければ良いと思います。どうかがんばってください。