先輩社員の声(O.Tさん)
Interview

入社の決め手は当社の研修カリキュラム

リナックス・ネットワーク

O.Tさん

出身校   法政大学 文学部 地理学科 卒業

入社    2012年入社

業務内容  バックアップソフトのテクニカルサポート業務

現在の仕事内容

私は現在、バックアップソフトのテクニカルサポート業務に携わっております。
電話やメールでお客様から問い合わせを受け、お客様からの質問に答えたり、障害対応や検証業務を行っております。この仕事は業務の大半がお客様のやりとりなので、ソフトの技術的な知識だけでなく、対人スキルも必要です。お客様環境にてどのような問題・障害が発生しているのか、お客様はどのような回答を求めているのか、そしてお客様にこちらの意図をご理解していただくためにどうしていったらいいのか、日々勉強しております。
お客様とのやりとりがうまくいかない時にはお叱りを受けたりすることもありますが、問題や障害を解決に導いてお客様から感謝をされたときに、とてもやりがいを感じます。研修で学んだLinuxの知識も検証業務やLinux環境のお客様対応でとても役に立っています。

この会社に決めた理由

選考の際、研修の体験授業を受け、この会社に入社しようと決めました。
前職でもIT関連企業でプログラマをしていたのですが、そのときの新人研修はテキストを渡されただけで、講義もなく質問しても「自分で考えろ」と言われるだけの自習でした。そういったことが多少トラウマとなっていたこともあり、いまいち自分の技術や知識に自信が持てませんでした。
当社は前職と違い、講義形式で、講師に質問すれば理解できるまでとことん教えてくれるという雰囲気が感じられ、講師は専門的な技術・知識・経験を持っていることは言うまでもありませんが講師の人柄や多くの社員育成をされてきた実績に大変惹かれ、ここでならしっかりとした技術や知識が身につくと思い入社を決断しました。今では研修で学んだことを活かせていると実感できております。

失敗エピソードから学んだことは?

テクニカルサポートという仕事ですので、お客様とのやりとりをすることが主な業務というのは前述の通りですが、特に電話で問い合わせを受けたときは問題点をすぐに理解し、改善方法などを迅速にお伝えしなければなりません。
お客様によっては慌てている方や急いでいる方もいらっしゃるので、とても早口になり聞き取るのが難しいこともよくあることですが、つられて私も慌ててしまい、問い合わせ内容を聞き漏らしてしまうことがありました。そのときに、私が慌ててしまってはいけないということに気がつきました。そこであえて、ゆっくりと話すことを心がけたところ、問い合わせ内容を聞き漏らすことが格段に減りました。またゆっくり話すことによって、お客様に伝えたいことを頭の中で整理させながら対応できるようにもなりました。理解することと伝えることの難しさを今も業務を行ないながら学んでいます。

今後チャレンジしたいことは何ですか?

当社はネットワークやサーバに強い会社です。私も将来的に一人前のネットワークエンジニアとして、活躍していきたいと考えています。そのためには、CCNAなどの資格取得にチャレンジして、どんどんアピールしていきたいと考えています。
資格というものは、技術力や知識をはかるひとつのものさしだと思いますし、持っていれば業務経験以外のアピール材料として武器になると思っています。また、現在の業務においてLinuxの知識も欠かせないと思っていますので、LPICの資格にも積極的にチャレンジし、自分のスキルを高めていって、お客様に信頼されるエンジニアになりたいと思います。もちろん現場の業務を100%以上の力で遂行しなければなりませんので、資格勉強と業務の両立は大変だと思いますが、必ずチャレンジしたいと考えています。

学生の皆さんへメッセージ

自分のやりたいことを見つけて、それを仕事にするというのは難しいことだと思っていますし、なかなか見つけられるものでもないと思います。特に最近は就職難で自分の思い描いていたような仕事に就けない人の方が圧倒的に多いと思います。
私も元々学生時代は、旅行業界で仕事をしたいと思いながら、就職活動をしてきましたが、結局縁がなくIT業界に身を置いています。そんなとき、やりたいことと違う仕事をすることになっても、その中でやってみたいこと、楽しく仕事が出来る会社を探し出してみようと思いました。今ではエンジニアとして、ネットワークの仕事をやってみたいとおぼろげながらもやりたいことを見つけることができました。上手くいかないときこそ、新しい夢を持ってチャレンジしていってください。そして、残り少ない学生生活を悔いのないよう過ごしていってください。応援しています。