先輩社員の声(F.Tさん)
Interview

自分という人間と熱意を相手に伝えて下さい

リナックス・ネットワーク

F.Tさん

出身校   神奈川大学 経済学部 現代ビジネス学科 卒業

入社    2013年入社

業務内容  サーバシステムの運用・監視業務

現在の仕事内容

私は現在証券取引所に使用されているサーバシステムの運用・監視業務をしております。
業務内容は各システムやHWが正常に動作しているかをチェックしたり、監視アプリケーション内でエラーが発生していないかを確認することです。基本的には現場にて作成されているマニュアルを参照し作業を進めていくものですが、障害やエラーが発生した際には、現場での柔軟な対応が求められるのと同時に、迅速かつ正確に日常業務とエラー・障害対応の両方をこなさなければならないので、とても緊張感のある現場です。しかし、その分やりがいも多くあると感じています。
一つのミスが致命的な事態に発展しかねない程重要なシステムなので、非常に大変ではありますが、その分自分の成長というものを肌で感じてステップアップしていける業務・現場であると思います。

この会社に決めた理由

就職活動をする中でやりたい事は決まっていましたので、一つの業界に絞りひたすら面接を受ける毎日を送っていました。そんな中で当社の面接を受けた際に、自分の拙い言葉でも真剣に聞いてくださり、人柄・熱意などを汲み取って採用して頂けたのが入社を決めた一番大きな理由です。
また、当社では「未経験からでも技術を身に付けられるノウハウがある」「社員に対して働きやすい環境を提供してくれる」「出向後の面談・ケアなどもしっかりしている」「イベントが多くあり楽しめるだけではなく、社内の多くの方とお会いできる機会がある」「福利厚生が充実している」「これからまだまだ成長していく会社の成長・発展に貢献すると共に自分も成長していける」など数多くの魅力があることも入社を決めた理由です。

失敗エピソードから学んだことは?

まだ研修所にいた頃に、勝手な自己判断により、あまり大きな事ではないのですがミスをしてしまい、上司の方などに迷惑を掛けてしまった事がありました。
そのため、当たり前のように思われるかもしれませんが、「こうだったかもしれない」などの曖昧な記憶・知識で物事を、特に仕事を進めるのは非常に危険であるという事を学びました。よく言われる事ではありますが、報告・連絡・相談ということが特に社会人になってからは今まで以上に重要であり、守るべきことであると実感しました。ですがその経験をしたおかげで、現在のような重要なシステムを扱う現場では勝手な自己判断によるミスやケアレスミスの減少に繋がっています。

今後チャレンジしたいことは何ですか?

現場での業務だけで手一杯になってしまう事が多々ありますので、効率的な時間の使い方を模索しながらワークライフバランスがとれるようになりたいと考えています。その為、現場でのスキルアップはもちろんのこと、自己啓発の意味を込めて資格の取得も継続的に行っていきたいと思っています。そしてただ資格勉強をするだけではなく、しっかりと自分の身に付くようにしたいと考えています。そうすれば必ずどこかで役に立ち、これから先の仕事にも繋がると考えているからです。
また仕事だけではなく、プライベートでも何か新しい趣味を見つけたいと思っています。仕事ばかりになってしまうよりも、結果的にはその方がどちらも充実すると考えているからです。

学生の皆さんへメッセージ

就職する事そのものが難しく、就職する事=ゴールだと考えてしまうことがもしかしたらあるかもしれませんが、決してそんなことはなく、むしろそこからの方がはるかに長い時間があります。なのでどうか焦らず、一度自分としっかり向き合う時間を持って欲しいと思います。
自分は何がしたいのか、何に興味があるのか。やりたいこと、興味がある事なら仕事も楽しむことが出来ると思います。人の話を聞くのは大切ですが、実際に自分の目で見たほうがきっとイメージしやすいし、実感がわきやすいと思います。ですからどうか人の話に流されず、まずは自分の目で見てみてください。
そしてやりたい事、入りたい会社が見つかったら自分という人間と熱意を相手に伝えて下さい。正解がないことなので、頑張っても上手くいかない事もあると思いますが、強い意志や熱意はきっと伝わると思います。挫折しそうになることもあると思いますが、どうか自分が納得がいく就職活動をして下さい。