先輩社員の声(A.Sさん)
Interview

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

リナックス・ネットワーク

A.Sさん

出身校   尚美学園大学 総合政策学部 総合政策学科 卒業

入社    2013年入社

業務内容  サーバシステムの運用・監視業務

現在の仕事内容

証券取引所で使用されているサーバシステムの運用・監視を行っています。
業務内容としては、各システムが正常に稼働しているかをチェックすることや、各サーバのリブート作業、システムにエラーが発生した際に迅速に対処する、ということが挙げられます。1つ1つの業務は難しくはないのですが、取り扱っているものが証券取引所のサーバシステムの運用・監視といった非常に大きなシステムなので、1つ1つの業務を確実にこなすことが求められます。ですので、大きな責任感とプレッシャーを感じながらも、自分のような新入社員がこのような大きいシステムに携わることができることは、とてもいい経験であると思っています。

この会社に決めた理由

就職活動を通じて私が思ったことは、長く働ける会社に就職したいということでした。そのなかで、ゼウス・エンタープライズはIT業界としては珍しく、終身雇用を掲げている点が魅力的だと感じました。
また、ゼウス・エンタープライズは社内イベントが豊富であること、充実した研修制度があることなど、社員が働きやすい環境づくりがされていて、社員を雇用し続けていくという目標に本気で取り組んでいるということが伝わってきたのも魅力でした。実際に社内イベントに参加した際には、普段お会いすることのできない社員の方々にお会いすることができ、楽しくお話することができました。
研修制度についても、座学だけではなく実際に操作して体験することができ、知識としてだけでなく実務にも役立つような研修制度となっているので、私のような未経験者でも活躍できる環境が用意されています。

失敗エピソードから学んだことは?

具体的な例はないのですが、わからないことをうやむやにしたままにしないということが大切だと日々感じています。
お客様、あるいは上司の方々との会話のなかで時々、わからない用語、理解できなかった内容のお話などがあります。それを恥ずかしいから、気が引けるからなどという理由で理解できているフリをしていると、相手方はそれを理解できている前提で話をしてきます。そうすると業務上、何らかの支障が生じる場合があります。
聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥です。ましてや新入社員という身なのでそのような場合には積極的に尋ねるように心がけています。

今後チャレンジしたいことは何ですか?

月並みではありますが、まずは資格取得と考えています。業界人として、まだまだ未熟な身ですので、少しでも早く業界のことを学び、多くのことを吸収し、成長していきたいと思っています。そして、お客様に満足していただけるような仕事のできる業界人になりたいと思っています。
そしてもう一つ、成し遂げるのは大変ですが、システムの開発・構築といった、より高度な業務に携わることです。それを実現するためには、現状に甘んじることなく自己啓発をし、自らを磨き続けていくことが重要であると思います。そのためにも、今はしっかりとした基礎知識を身に付け、その土台に様々なことを経験し積み重ねていきたいです。

学生の皆さんへメッセージ

就職活動という大きなターニングポイントを迎え、多くの希望に包まれ、それと同時に多くの不安に悩まされていると思います。
私自身、何をしたいのか、どんな職に就きたいのか明確なビジョンのないまま就職活動をしていました。しかし、就職活動を通じて、様々な企業を訪問し、お話を聞くうちに、世の中のシステムがITにより支えられ、造られているということに気付かされ、それをきっかけにIT業界に興味を持ちました。それからはIT業界一本に絞り、ゼウス・エンタープライズに採用され、入社することとなりました。
皆さんの中にも明確な目標のないまま就職活動をしている方がいるかもしれません。そんな方は就職活動を通じて自分のやりたいことを見つけ出してください。そして、気になることがあったらどんどん質問し少しでも多くのことを学び、就職活動を通じ成長してください。